2021.02.02 #その他

130万円の壁

こんばんは(*^▽^*)

昨日は保険についてお伝えしました。

短時間で働きたい希望がある方は保険加入について知っておかないと損をしてしまう可能性があります(>_<)

 

130万円の壁

130万円の壁とは、夫が加入する社会保険での扶養内のボーダーラインを指します。

妻など被扶養者の年収が130万円以上になると、夫の扶養を外れ、自ら国民健康保険や国民年金に加入することになります。

原則1月1日から12月31日までに支払いを受けた給料です。つまり、給料が当月分当月払いなら、1月分から12月分ですが、翌月払いなら、前年12月分から当年11月分となります。収入を130万円以内にしたい方はこまめに収入を確認して、11月や12月の勤務を調整してもらったほうが良いでしょう☆気にせずいつものとおりに働いていたら130万を超えていまい、扶養から外れなきゃいけなくなってしまう。。。なんてことも(゚д゚)!収入を確認するときには手取りで計算してはダメ!社会保険料や所得税や住民税の控除前の金額で計算するということもお間違えなく!!

手取りで計算して「大丈夫!まだまだ働ける♪」なんて思っていると(ノД`)・゜・。

 

130万円超の収入を得ると、所得税・住民税・社会保険料の負担が増え、手取り額が減ることがあります。そのため、収入130万円を超えて働く人は、120万円の収入の人より手取り額が少なくなる場合があり、働き損と感じて収入を103万円から130万円の間で調整して働く人が多いそうです。一般的に『130万円を少し超えたくらいが働き損』と言われています。

 

最近では最低賃金が毎年のようにあがっていますので、以前と比べ時給が上がった☆という方もいらっしゃると思います。時給があがれば今までと同じ時間働いて今までより多く収入を得ることができます。これは良いことですよね(*^▽^*)でも、今までと同じ感覚で働いていたら収入が多くなりすぎちゃって130万超えちゃった!なんてこともあるかもしれません。

扶養の範囲内で働きたい方は十分ご注意を(`・ω・´)ゞ

 

医療福祉業界の就職・転職でお悩みの方へおすすめ!

医療介護保育紹介こねくとでは、湘南エリアを中心とした神奈川県に特化した「医療福祉業界」の求人情報をご紹介しています。
求職者の皆さまに「気持ちよく・楽しく・やりがいを持って」働いていただくことを目指しています。無理なご紹介やご契約がないように、事前に3つのことをきちんと確認することで「こんなはずじゃなかった!」ゼロをめざします。

医療介護保育紹介こねくとについて

絶対に失敗しないための3つのお約束(ご紹介前に必ずお伝えします)

  1. 01
    人間関係の確認
    転職の理由で最も多いのが、職場の「人間関係」です。事前にヒアリングを行わせていただき求職者さまが気になられれている点を中心に採用側に確認を行います。
  2. 02
    給与の確認
    就職・転職の際に直接聞きづらいという声が多い「給与」について。求職者の方のご希望と企業側の条件があっているかどうか、必ず確認いたします。ご安心ください。
  3. 03
    法人・会社理念の確認
    医療・介護・保育の現場で以外と多いのが、「理念に共感できない」というお悩み。志を高く持っている皆様へのご紹介だからこそ、企業・法人の理念や考え方を大切にしています。

まずは一度お会いしてお話しませんか?

医療介護保育紹介こねくとでは、皆さまから直接お聞かせいただく声を大事にしています。
どんなことでもお気軽にご相談いただけますので、ご安心ください。

0463-59-9543 受付時間 8:30~17:30 (12/31~1/3を除く)

同じカテゴリの他の記事を読む

ご相談・お問い合わせはこちらから

0463-59-9543 受付時間 8:30~17:30 (12/31~1/3を除く)